このエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る

12.4. 品質低下の根本要因

ハッピィ・エンジニアリング表紙

 品質に対する古き良き価値観が失われつつあるのは、

 

  • ゼネコン構造と下請けの連鎖
  • 企業教育の不備
  • SIベンダのコストダウンに対する努力不足

 

などが原因となっているように思われる。

 

 ゼネコン構造と下請けの連鎖により、開発メンバのほとんどが、下請けである。下請けは、自らに与えられた作業を、要求されたスケジュール通りに仕上げるのが使命である。無理なスケジュール要求があれば、品質向上を考える余裕が生まれないままに、見た目の進捗を維持する方向に向かってしまいがちである。結果として、各プロセスの成果物の品質が低いまま、次のプロセスに進み、テストプロセスが単なるデバッグプロセスとなってしまう。

 

 品質に対する教育や訓練が行われていない現実が、さらに拍車をかける。「バグが出なかった」という結果以外の品質指標を持っていないメンバには、プロジェクトマネージャやリーダが「品質が重要だ」という掛け声をかけたところで、なんの意味も持たない。品質の低いプログラムを作るやり方が染みついた開発者は、「十分なテストをするには、もっと時間が必要です」と言うのが関の山である。

 

 しかし、SIベンダの「このプロジェクトはお金が出ない」という言い訳の中で、下請け単価の削減程度の努力しかしていないことが一番の問題であろう。コストを抑えたうえで、高品質の維持と向上が望まれているが、既存の無駄なプロセスを固持し、現実的ではないスケジュールとリソースの配分をしている。さらに、無責任にプロセスだけを先に進め、各プロセスで作られた品質の低い成果物のツケはすべて一番下流のプロセスを担当するプログラマがかぶっているのである。

 

 SIベンダのプロジェクトマネージャが、QCDに対する要求にどのように対応していくべきかを考え、実行に移すことが最重要課題である。

シェアしてくれると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る

12.4. 品質低下の根本要因 ハッピィ・エンジニアリング関連ページ

12.1. 品質とは何か?
ソフトバンククリエイティブから刊行されたハッピィ・エンジニアリングが無料で読めるサイトです。
12.2. テストのプロセス区分
ソフトバンククリエイティブから刊行されたハッピィ・エンジニアリングが無料で読めるサイトです。
12.3. 現状のシステム品質
ソフトバンククリエイティブから刊行されたハッピィ・エンジニアリングが無料で読めるサイトです。
12.5. 欠陥とは何か?
ソフトバンククリエイティブから刊行されたハッピィ・エンジニアリングが無料で読めるサイトです。
12.6. 品質向上の手法
ソフトバンククリエイティブから刊行されたハッピィ・エンジニアリングが無料で読めるサイトです。
12.7. 品質は作り込まれる
ソフトバンククリエイティブから刊行されたハッピィ・エンジニアリングが無料で読めるサイトです。

ハッピィ・エンジニアリングとは? 書籍を読む プロフィール コンサルティング